「Heaven」吉木りさ [中山雅文]

写真集

「Heaven」吉木りさ [中山雅文]

 

大好きな吉木さん

声もかわいいし

スタイルもいいし

バラエティの返しも秀逸

 

徳井さんの番組

「徳井義実のチャックおろさせて〜や」のアシスタント

可愛かったー

これからも応援します!

 

吉木 りさ(よしき りさ、1987年7月27日 – )は、日本のタレント、歌手、元グラビアアイドル。

中学生の頃は漫画家を目指していたが、アイドルにあこがれるようになり、中学2年時に「モーニング娘。LOVEオーディション21」を受けたが、落選した。

高校1年生の春に原宿で芸能事務所フィットワンのスタッフにスカウトされて芸能界に入る。そして演歌歌手としてデビューすることが決まり、約2年間のレッスンを受けた。元々、母親が演歌や民謡好きで、小学4年生から民謡を習い始め、中学の時には地域の大会で優勝したこともあるほど。そのため、歌い方を根本的に変えるのに苦労したと語っている。

2004年11月、最初のイメージビデオ『恋』を発表。当時は、グラビア活動に対して両親の反対にあっていたが、吉木が20歳になった頃には理解してもらえるようになった。

2010年放送のテレビ朝日のバラエティ番組『ドスペ2 顔面研究バラエティーお顔学会』において、「顔の黄金比率」に基づいた人相学で、『日本タレント名鑑』中の写真の中で、最も「美人な顔」に選ばれた。アイドル評論家の北川昌弘は、彼女の魅力は「いかにもお嬢様然とした正統派美女のルックスなのに、あんなにエロい格好をしている」というギャップだと評している。

 

Follow me!